2011年04月19日

1年たってしまいました

ご無沙汰してしまいました。
1年はあっという間でした。

母を失った喪失感から立ち直るのに、1年近くかかってしまいました。
最愛の人を失う悲しみを時間がやさしく癒してくれました。

今、ドイツにいます
3月か4月に日本に戻る予定が・・・・・・
災害に遭ったかたの悲しみは大変だと思います、

日本の皆さんの悲しいニュースをドイツで聞いていて、すぐにでも戻りたかったのですが、
娘やデ・クルールのスタッフにドイツでゆっくりしてくださいとの労りに甘え、ドイツにいます。

5月末か6月初めには戻る予定です。

今年はまめにブログを書こうと誓いました


大川美雪

posted by miyuki at 19:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

母の一周忌

無事に母の一周忌を終えることが出来ました。

命日は11月22日ですが私が日本にいる間に済ませることにしました。
お祝い事は延ばしても良いが、仏事は早めにするのが習慣になっているので、少し早いですが9月に法事をしました。

お坊さんのお話で嬉しいことは延ばしても大丈夫だが、悲しいこと仏事は早めにすます方が遺族の気持ちが安心できるので、速くするのは良いことと言ってました。

私も気にしながら過ごすより終えることで、少し娘としての肩の荷が下りました。

まだ、母が生きているように思われ、法事をすることで母はいないのだと、再度認識ができ、時間とともに悲しみが薄れるのだと感じました。

明日にはドイツに戻ります、ドイツに居ると母の死が実感できなく生きているつもりで生活してしまいます。

早く時間がたち悲しみが薄れ、現実を受け入れられるようになりたいです。


posted by miyuki at 04:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

ラジオ体操の勧め

お久しぶりです

毎日暑い日が続きゆだっています。
最近はドイツと日本を往復下ので、病み上がりの肉体には少し過酷です。

高血圧の為、あまりハードな運動ができないので、7月からラジオ体操にはまっています。

子供のころはいやいや体操していたのですが、今改めて体操してみると、
手軽にできるし、ストレッチ効果抜群なので、ドイツでも日本でもユーチューブのラジオ体操をかけて体操しています。

ドイツの友達もはまってきて、ラジオ体操を広めています。

新しいことをするのもようですが、古くから続いていたものを見直すのもよいものだと、実感しています。

皆様もだまされたと思って、体操してみて下さい、出来れば第2体操まで

体がボキボキいって、気持ようですよ。

posted by miyuki at 16:54| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

日本に戻りました

5月16日(日)に日本に戻りました

今回は18日(火)に開催する職業訓練生の選考日(面接)をするために戻りました。

デ・クルールでは緊急人材育成支援事業による職業訓練(基金訓練)のアロマセラピスト養成科を開講することになりました。

6月14日からの3カ月コースで定員20名のところ123名の募集が有り、嬉しい悲鳴と、18日、一日だけでの面接に大塚先生とアタフタしてしまいました。

アロマに興味があり、学びたい人が多いのは凄く嬉しかったです。

20名だけ、生徒さんを選考するのは辛く、もっとたくさんの人にアロマを学んでもらい、職業につなげて貰いたいと実感いたしました。

時差ボケも手術後の不自由さも、すっ飛び、無事に選考が終わり20日に合否の連絡を送り、今日職安の書類も終わり、大塚先生とひと段落したところです。

手術後の私を労わって、中心に選考を進め、実務処理などを行ってくれた、大塚先生には感謝し、私がいなくても大丈夫なほど成長した彼女をたくましく思いました。
彼女を補助してくれた、春ちゃん、大島ちゃんにも感謝しています。

多くの選考にいらして下さった方々にも感謝し、有難うございますという気持ちでいっぱいです。

皆様これからもデ・クルールを宜しくお願いいたします。

★手術跡が絆創膏でカブレてしまい、痒くてかいてしまい、アトピーのように成ってしまいましたが、セントジョーンズワートオイルを塗っていたら、痒みも止まり、カブレたあとも薄くなってきました。

 流石!!   植物の力
posted by miyuki at 23:29| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

ドイツで入院、その2

ドイツでの入院生活の続きをお届します。

入院する前に血液検査、エコー検査、麻酔の先生とのお話等、時間がかかり、入院する前に疲れてしまいました。

私はドイツではBARMER(バーマー)公共の社会保険に加入していますが、移民の方、失業者の方にも全て保険は有ります。(無料の人もいます)
同じ保険ですが、私は所得に応じて毎月支払いしています。
税金等高いドイツなので、保険料の比率も高く、日本の社会保険の倍以上払っています。

でも、良いのは??
病気すると初診料金10ユーロのみで、後はほとんど無料です!!!!
もちろん入院費、手術代金も無料です

お金があまりが無くても、病院に行くことができますし、手術を受けることもで来ます。

それ以外に、プライベート保険というのが有り、有料の治療、薬代をカバーできる保険で加入料金が凄くたかいそうです。
日本の駐在員の方たちはプライベート保険に入っている人が多いそうです。

病院によってはプライベート保険しか受け付けてくれないところもあります。

私が入院した総合病院は色々な方が来ていて、混んでいる病院でした。
夜間緊急受付もあり、救急車は有料で高いそうなので、タクシーで来る方も多いようです。

私も何かあればここに来れば良いと思い、安心しています。

言葉の壁の有る中、根性で検査を済ませ、(友人に通訳を頼み)
4月19日(月)に入院しました。

      続く


posted by miyuki at 04:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月06日

娘の誕生日

今日、5月5日は娘の誕生日です。

早いものですね、もう26歳になってしまいました。
お祝のメールに間違えて25歳とかいてしまい、娘からクレームの電話が来ました。
未だ未だ、20歳ぐらいにしか思えないのですが、何時の間のか成長していた娘にびっくりしています。

娘も私の年を間違えていたので、お互い様で笑ってしまいました。
生まれた時は2380グラムしかなかった娘ですが、私を超えるほどの身長、体重には成りませんでしたが、おとなになった娘の成長に実感している今日この頃です。

posted by miyuki at 04:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

春が来ました、ドイツで手術します

ブログの更新がなく、ご心配をお掛けしました。

昨年11月から今年の4月まで、悲しみ、入院、泥棒事件等有り、落ち込んでいました。

悲しいことに人間は落ち込んでいても、前に向かって生きていかなければなりません。
悲しみに暮れていても、太陽が昇り朝になります。

5月になり気分が少し明るくなってきたので、ブログに色々ご報告かねて、ドイツでの入院事情等を書いていきます。

最愛に母に先立たれ、悲しみと過労で、今年1月に高血圧と胆石が発覚しました。

家系的に、家族歴が糖尿病なので、てっきり糖尿病と思っていたら、高血圧で朝薬を飲む人生が始まりました。

ドイツでの精密検査の結果胆石が見つかり手術した方がよいといわれ、ドイツか日本かで悩むことになりました。

ホームドクターは日本人医師なので言葉の問題はないのですが、入院、手術となると悩みなした。

娘の一言、ドイツで入院してパリからは近いしと言われ、ドイツでの手術を気まました。
posted by miyuki at 21:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

母の死

少し暗い話が続きますが

人は完璧はないです、親にも言えることで、つい親には完璧をいつの間にか求めているような気がします。
親も子供に知らないうちに完璧を求めているように思います。

特に、母親は自分にとって唯一味方だということを友人(私より1年前に母親を亡くしています)と話、
母の愛は無条件の愛に近いと実感しました。

私たちは一番の味方を失ってしまったねと、悲しみ慰め会いました。

時間の流れとは嬉しいもので、徐々に受け入れられるように成ってく様な気がしますが、今しばらくは掛かりそうですね。
posted by miyuki at 23:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年2月

すっかり、ご無沙汰してしまいました。

昨年11月22日に最愛の母を亡くし、悲しすぎて虚脱感に溢れてしまいました。
四十九日も無事に終わり、今はドイツに来ています。

日本での疲れが出てしまったので、まるでドイツに療養に来ているように、病院で検査をしたりと、毎日ゆっくり過ごしています。
日本では仕事に追われ目まぐるしかったのも、悲しみを忘れられて良かったのかも知れないと思いましたが、体が悲鳴を上げていたようです。
今年は自分を労り、体の声を聞きながら過ごそうと思います。

カウンセラーは経験しなくても受容する心、寄り添う心が有れば、いろいろなクライアントさんが来ても大丈夫と言っていましたが、やはり経験することでの心の痛みが凄くわかりました。

昔の人は良く、孝行したい時に親は無しと、言ってましたが、本当のことと今、実感しています。



posted by miyuki at 23:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

銀座プランタン、アロマ催事

無事に銀座プランタンの催事が終わりました。

お手伝いの生徒さん有難うございました。
毎回、カウンセリングのお手伝いをして貰っています。
今年も、盛況に賑わい、オーラソーマカウンセリングに興味のある方が多いので嬉しかったです。

今年は占星学を勉強している生徒さんに、『香と色と星座』というタイトルでカウンセリングしてもらい、占いの様でしたが、お客様に楽しんで頂いた様です。

ご来店頂いた、沢山のお客様にも感謝しています。


posted by miyuki at 21:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。